【歌手になりたい方必見】オリジナル曲の大切さ、簡単な作り方を解説。

音楽

歌手になりたい人
「歌手になりたくてオリジナル曲が欲しいけどどうやって作ればいいかも、依頼するにしてもどこにすればいいのか分からない…。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • オリジナル曲を持つ大きなメリット
  • オリジナル曲の簡単な作り方
  • オリジナル曲を外注する場合

オリジナル曲、自分の曲を作ったり持つことはとても大事です。

自分の曲がある歌手やバンドと、カバーソングしかしてない歌手やバンドなどとでは、かなりと言っていいほど大きく差が出てきます。

この記事では、その理由も詳しく解説していきますのでぜひご覧ください。

data-full-width-responsive="false"

オリジナル曲を持つ大きなメリット【大きく3つ】

  • オーディション、コンペでのアピールになる
  • 本格的に活動ができ、収入に繋げられる
  • 歌手としての意識が生まれる

まずこの3つがとても重要です

オーディションなどでのアピールになる

オーディションでは、カバー曲を歌ったり、演奏する事が可能なものもありますが、そうでないものもあります。

 歌手オーディション一覧はこちら

カバー曲を歌うより、オリジナル曲を歌った方が、審査員も「この子達は自分達曲もあるのか」と確実にウケはいいです。

作詞も作曲もする事ができれば、そっちでの仕事チャンスも出てきたりもします。


それにオーディションやコンペではやはり技術もそうですが、個性やスター性などが重要で、オリジナル曲に個性など自分達の雰囲気などを出せていけたら、かなり採用に繋がります。

本格的に活動でき、収益に繋げられる

オリジナル曲があれば、CDやストリーミング、YouTubeなどに注力すれば、少額であってもお金になります。

この少しのお金を生めるか生めないかが正直、かなりのモチベーションや自信に繋がってきます。

ただひたすら路上ライブなどYouTubeでカバー曲を歌うのも一つの手ですが、その中にオリジナル曲があればCDを売ったりもできますし、自分達にファンが着いてきてくれるこんなこともそのうち出てきます。


それにライブハウスなどで演奏したい場合にはオリジナル曲が必須になってきます。

経験値がものをゆう職業に、ライブハウスで音楽活動を行わない手はないと思います。

歌手としての意識が生まれる

これは一番大事なものと言っても過言ではありません。

オリジナル曲を持ち、CDなどを売ったりライブハウスで活動するようになると、歌手としての意識がほんの少しでも芽生えてきます。

「CDを買ってくれた人達のために」や「ライブハウスで観客として来てくれる人達のために」などと、自分達の努力の後押しに必ず繋るのでとても大切です。

意識を高めることは歌手やバンドを目指すにおいてとても重要な事だと覚えておくべきです。

オリジナル曲の簡単な作り方 【2つ紹介】

  • ピアノやギターなど楽器を弾いて作曲をしてみる
  • dtmで打ち込みを行い、曲を作ってみる


これができるようになると、歌手として大きく価値が上がります。

ですのでぜひマスターしてみてください!

ピアノやギターなど楽器を弾いて作曲してみる

これはかなりベターな方法で初めやすいです。

あの有名なあいみょんさんや秦基博さん、星野源さんなどがしている方法です。

それにギターやピアノなど作曲するぐらいなら練習すれば、誰でもすぐに弾けるようになります。

最低限の音楽理論を学びコードを弾きをしながらあとは”歌メロディーをそのコードに好きなように乗っけて歌う”だけです。

この方法は、曲の雰囲気やメロディーや歌詞までも1人で作れるところに、かなり独特差、個性を生むこともできとてもいいと思います。

バンドなどでも同じで各パートを分けて合体させオケを作ってからそこにボーカルが歌を乗せるだけです。

dtmで打ち込みを行い、曲を作ってみる

dtmとは簡単に言えば、パソコンで打ち込みや生楽器を録音したりして曲を作ることです。

もしdtmで自分で曲を作れる技術があればかなり歌手としての価値が高まりますし、他と差がつきます

それに今では、少しdtm知識を覚えてしまえばdtmではかなり完成度の高い曲が作れてしまいます。

あの米津玄師さんとか宇多田ヒカルさんなどはdtmで自分で作曲を行っていた歌手達でかなり有名になっています。
data-full-width-responsive="false"

オリジナル曲を外注する場合【2つ紹介】

  • 個人販売サイト、会社に依頼する
  • 音楽販売サイトを利用して曲を買う

これは手っ取り早い方法ですが、いい曲をもらうにはそれほどの予算というのもちゃんと必要になってきます。

しかし実際のプロが使うような曲を貰えるというのはかなり大きいメリットです。

個人販売サイト、会社に依頼する

オリジナル曲が欲しい方に個人のサイトや会社がお金を払うことで曲を提供してくれます。

ココナラというサイトでもかなり質の高いものを要望に沿って提供してくれますが、それなりの値段がします。

音楽販売サイトを利用して曲を買う

オーディオストックなどといった音楽販売をしているサイトで、自分がしたい雰囲気の曲などが売られていたら購入してみるのもありです。

こちらはそこまでお金はかかりませんが、理想の曲に巡り会えるかは運次第です。

まとめ

ポイントは3つ

  • オリジナル曲があれば確実に得をする
  • 音楽理論を少し知れば、簡単にオリジナル曲は作ることが出来る
  • オリジナル曲は依頼して購入する事もできる

今回の記事は以上です。

オリジナル曲を今すぐ手に入れよう!
記事を読んでわかっていただいた通り、まずはオリジナル曲を手に入れる事はとても重要です。

自分が音楽活動をしていて、名刺代わりの曲があれば絶対にいつかチャンスは訪れます。

カバー曲を練習するのも大事ですが、歌手やバンドで成功したい人はオリジナル曲を作るために、行動する事が成功への第1歩です。

その曲があなたを次のステージへときっと導いてくれます!!!

Twitter CEEN BLOG



data-full-width-responsive=”false”