Googleアドセンス合格までにしたこと【審査までにするべき対策】

ブログ

Googleアドセンス合格を目指す人
「Googleアドセンスに合格したいけど
審査までにやっておくべきことや
合格する基準は何か知りたい!」

こういった方の疑問に答えます。

スポンサーリンク



先日、Googleアドセンス合格のツイートをしました。
沢山のお祝いと拡散してくれた方ありがとうございます。

実際に僕が合格までにしたこと
どのくらい審査にかかったのかを答えていきます。

本記事の内容

  • Googleアドセンス合格までにしたこと
  • 申し込み前の確認事項
  • 審査にどのくらい時間がかかるのか

Googleアドセンスはサラッと通る人もいればなかなか通れない人も
いると思いますが、しっかりこの記事を読めば合格に大きく近づくはずです。

スポンサードサーチ


data-full-width-responsive="false"

Googleアドセンスの合格までにしたこと


Googleアドセンス申請前に行った対策8つ

  • 独自ドメインの取得
  • 常時SSL化
  • サイトマップの設置
  • 運営者情報の設置
  • プライバシーポリシーの設置
  • お問い合わせフォームの設置
  • ブログ毎日更新(平均2000文字)
  • ユーザへ有益な記事を意識

これを全てこなしておけばアドセンス審査にはかなり通りやすいと思います。

独自ドメインの取得

独自ドメインとは自分の好きなようにカスタマイズしたURLのことです。

Googleアドセンスの審査では独自ドメインの取得が必須です。
レンタルサーバー契約とは別に独自ドメインを取得しておかなければいけません。

僕のサイトだと「ceenblog.com」ですが
この「ceenblog」の部分を決めることができます。

おすすめはお名前.comで登録することです。
値段も安く、記事も多く人気のあるサイトです。

常時SSL化

SSL化とはサイトURLを「http」から「https」に変えることです。

常時SSL化するにはSSLサーバー証明書が必要ですが
レンタルサーバーの管理画面で簡単に手続きができます。

常時SSL化のやり方はこちら

サイトマップの設置

サイトマップとはサイト全体を分かりやすく
地図のように一覧で記載したページのことです。

用意しておくことでサイトに来たユーザが
探したいページにすぐに辿り着けるようになります。

wordpressでのサイトマップの作成方法

「PS Auto Sitemap」というプラグインを使います。

①「PS Auto Sitemap」をインストールし有効化する
②設定から「PS Auto Sitemap」を選択し設定する
③画面下のショートコードを固定ページに貼り付ける
④タイトルをサイトマップに変更して公開
⑤固定ページのURLのpostの右側の数字をコピー
⑥「PS Auto Sitemap」の設定で
 サイトマップを表示する記事の入力欄に数字をペーストして保存

これでサイトマップは作成完了です。

運営者情報の設置

運営者情報があるのとないとでは読者からの信頼性も大きく変わってきます。

自分のプロフィール的なものを作ったページを
設置しておくのも審査を通るための対策の1つです。

プライバシーポリシーの設置

プライバシーポリシーとはWebサイトを運営するに当たって
取得した個人情報をどのように扱うかを
記載したものでどんなWebサイトにも必ず必要なものです。

プライバシーポリシーの設置はコピペで済ませられる
のでしてない方は今すぐやっておくべきです。

プライバシーポリシーを今すぐ設置する

お問い合わせフォームの設置

お問い合わせフォームもWebサイトを
運営していくなら必ず必要になってきます。

お問い合わせフォームは「Contact Form 7」という
プラグインを使えばすぐに設置できます

ブログ毎日更新(平均2000文字)

よくGoogleアドセンス合格には15記事くらい
必要などと言いますがそんなことはありません。

3記事などで合格する人もいますし、
30記事書いても合格しない人もいます。

1記事あたり最低1000文字以上は書いた方が
いいですが毎日更新しなくてはいけないことはないです。

ですが審査中に毎日1記事ずつ書くことでちゃんと
運営しているアピールになると思うので僕は毎日更新を続けました。

初心者でも毎日更新をする方法はこちら

ユーザーへ有益な記事を意識

審査ではブログの記事がユーザに
とって有益性があるのかがとても重要です。

雑記ブログを書くのはたまににしてユーザの悩みや問題を
解決する記事を書けば審査も合格に近づきます。

申し込み前の確認事項


審査に申し込む前に確認しておくべきこと

  • リンク先が合っているか
  • 著作権の違反をしていないか
  • 記事のアイキャッチ画像はあるか
  • サイトのおかしな所はないか
  • Googleアドセンスの規約違反になってないか

実際に僕が審査前に行ったことですがいくつか修正する所が見つかりました。

リンク先があっているか

1記事ずつめんどくさいですが、確認しておくのが身のためです。

ちゃんとリンクが表示されるのか、飛んだ先がおかしくないか
しっかり確認しておかないと審査不合格の対象になります。

著作権の違反をしてないか

著作権で保護されている画像や文章などを
使う場合は引用元をしっかり書いた方が良いです。

書かなくてもいいものもありますが他人の著作物なので
勝手に使う場合は必ず書いておくようにしましょう。

記事のアイキャッチ画像はあるか

記事のアイキャッチ画像を全記事に設定しておくことも大事です。

出来れば関連性がある画像を使う方がいいと言われたりもしますが
そこは気にせず画像を記事ごとに設定しておけば問題ないです。

サイトのおかしな所はないか

サイトのプロフィールやSNSボタンなどを押した時に
ちゃんと表示されるのかをしっかりチェックしておきましょう。

これは実際に僕が行った時に1つ他のリンクに
飛んだ時がありすぐに修正を加えました。

サイトに見落としがないようにしっかりと全体を確認しておきましょう。

Googleアドセンスの規約違反になってないか

アダルトや危険ドラッグなどのコンテンツは
禁止されていたりしますのでよく目を通しておきましょう。

Googleの禁止コンテンツはこちら

data-full-width-responsive="false"

審査にどのくらい時間がかかるか


審査は人により時間がかなり変わってきます。

1日以内で終わる人もいれば2週間や1ヶ月かかる人もいます。
僕の場合は申請後3日後ぐらいに合格通知が届きました。

申請していてもGoogleの規約に違反している場合は
申請の取り消しをされている恐れもありますので
申請する前に必ずサイトや記事を入念にチェックしておきましょう。

まとめ


Googleアドセンス合格までに僕がしたことを
真似して申請すれば、かなり合格する確率は上がるのではないかなと思います。

何回も受けるチャンスはありますが1発で合格できるように
記事の内容とサイトを照らし合わせて修正がある所は加えてみてください。

Googleアドセンスを合格してからがスタートラインだと
僕は思っていたのでまず初めの目標にしてみてはいかがでしょうか!

今回の記事は以上です。
最後までご覧いただきありがとうございます。

Twitterでも有益な情報を更新しているので
ぜひそちらもチェックしてみてください!

スポンサードサーチ