作曲と編曲は何が違うのか作曲・編曲家の仕事についても解説します。

音楽

作曲と編曲が分からない人
「作曲と編曲ってなんか似ているしどちらも意味がよく分からない….それにどんな仕事内容かもあまり知らないから詳しく知りたい」

今回はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 作曲と編曲の違い
  • 作曲家について
  • 編曲家について

作曲と編曲について違いがさっぱりわからない人も、この記事を読めば必ず分かりますのでぜひご覧下さい。

data-full-width-responsive="false"

作曲と編曲の違い

作曲とは

作曲とは0から曲を創作したり、歌詞だけがある状態から曲を創作することです。

編曲とは

作曲された曲にそれ以外の音、つまりアレンジを加えて曲をもっと豪華にすることです。

簡単にまとめると
作曲は音楽のメロディーを考えること、編曲はそのメロディーに伴奏や装飾を加えること

作曲家が行った作業の後にプラスで編曲家がアレンジを加えると行った感じです。

作曲家について

作曲家とは

音楽を作曲(創作)して、それを生業(生活のために仕事)する人のことです。

作曲家の仕事は最近では、曲をパソコンで作るDTMというのが主流になっています。

DTMは機材やソフトが昔よりも安価になり、誰でも作曲ができるようになりました。

DTM初心者におすすめの手順

作曲家の収益

主に曲の印税ですがその他にもコンペの賞金や音楽サイトでの収益などもお金になり、何億円も夢では無いです。

作曲家になる方法、作曲家にさらに詳しく

それに編曲まで作曲家が行うというのも珍しくなく、編曲の能力も求められてきます。
data-full-width-responsive="false"

編曲家について

編曲家とは

既存の楽曲を編曲して、それを生業(生活のためのに仕事)する人のことです。

編曲家は作曲家が作ったメロディーに伴奏や間奏をつけたり、アレンジを行います。

楽器の編成を考えて各パートの譜面を作ったり、コードやリズムに変化を加えたりと楽曲に音楽的装飾を施していきます。

編曲家の収益

作曲家と違い、印税は発生しません。

その代わり、アレンジ料は1曲当たり最低2万から50万円程度貰えるのでかなり単価は高いです。
編曲家も名前が売れれば、何千万円なども実現します。

編曲家になるにはかなりのセンスと流行を捉える能力、音楽理論を兼ね備える必要があります。

まとめ

・作曲は曲を創作すること
・編曲は曲にアレンジを加えること

これで作曲と編曲の違いはしっかり理解いただけましたでしょうか?

作曲・編曲の両方が大事

食材と味付けのように2つのバランスで曲も最高な料理に仕上がるのです。

どの曲もメロディーがあっての伴奏で伴奏があってこそのメロディーです!!!

今回の記事は以上です。

作曲家についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事へどうぞ!

Twitter CEEN BLOG



data-full-width-responsive=”false”